gmailfiltermeiwakuhanteihazusu200.jpgGmailは便利なメールサービスである。独自ドメインメールを主に使っている場合でも、Gmailに転送をかけて実際にはGmailだけでメールのやりとりをしているという方もかなりいるようだ。ちゃんと設定をしておけばスマホのGmailアプリでメールの送受信をしても、相手からは独自ドメインメールでやりとりしているように見えるのでとっても便利。
しかしGmailにも少し弱点がある。迷惑メール判定が優れているため、ときどき重要なメールまで迷惑メールフォルダに入れてしまうことがある。とくに問題なのが「メールフォームからの問合せメール」である。タイトルがいつも同じで文章内容が定型文であるため、機械的であるという迷惑メール判定にかかりやすく、ちょくちょく迷惑メールフォルダに入ってしまう。そのため大事なお客様からの問合せを見逃してしまうことがある。そのような場合は、Gmailのフィルタを使い「メールフォームからの問合せは迷惑メールフォルダに入れない」という設定をしておくのがよい。

のブログ記事の詳細を読む

IMG_1776-ANIMATION.gif今年の石川県のお米は作柄がよさそうだ。北陸農政局のWEBサイトにはまだ9月の作柄は発表されていなかいが、8月末発表のデータは「やや良(作況指数102~105)」だった。県内の農家から稲の収穫情報が寄せられている。早場米のハナエチゼンやひとめぼれは8月に収穫しており、遅めの収穫となるコシヒカリも続々と新米が出荷されるようになってきた。
我が家でも9月終盤に入りお米が新米に変わった。今年のお米は作柄がよいこともあり、おいしいと家族からの評判もよい。私もコシヒカリやひとめぼれなどの品種の新米を食べてみた。やはり新米はみずみずしくてフレッシュな感じがする。

のブログ記事の詳細を読む

nyuyokuzaisijyoukibo.jpgある特定の業界の動向やその商材の市場規模などを調べたい時には「業種別審査辞典」を使うことが多い。業種別審査辞典は、一般社団法人金融財政事情研究会が発行しており、日本の全産業・全業種を網羅し、徹底分析した業界情報の資料である。現在当社にあるのは少し古いが、今年(2016年)に改定があり、第13次版となり全10巻の構成になっている。特定の業種に関して、業種の業界動向や特徴、市場規模、課題や展望、製品の特徴などが要領よくまとまられており、金融機関として融資するさいの審査のポイントが記述されている。初めて経営診断する業界や業態などについては、まずこの「業種別審査辞典」で下調べをしてから訪問するようにしている。ただし「業種別審査辞典」の難点は価格が高く全10巻を揃えると約20万円にもなる。そこで、公的な図書館や支援センターなどで閲覧可能な場合はそこで調べるようにしている。

のブログ記事の詳細を読む

福井県立図書館での創業支援セミナー2回め福井県立図書館でのビズカフェ創業支援セミナー2回め。前回は「あなたも『心惹かれる』キャッチコピーを作ってみよう!」というセミナータイトルだったが、今回は「ビジネスに効く!インターネット活用ワークショップ」。ホームページ、ブログ、facebook、twitter、LINE、YouTube、インスタグラム、無料ネットショップなど、使えるインターネットツールは増え続けている中で、「自分はどのSNSをどのように使えばいいか」を考えてもらえるような座学+ワークショップのセミナーである。今回も40名を超える申込みがあり、会場は満席。秋風が吹く中で熱気ムンムンのセミナーになった。
主催:公益財団法人ふくい産業支援センター・福井県立図書館

のブログ記事の詳細を読む

9gatsunojyunihendougaookii.jpg遠田は複数のWEBサイトの検索順位チェックを行っている。ビジネスに関係するものや研究対象まで含め約14000個の検索キーワードを順位チェックしている。使用ツールはGRCで毎日1回深夜の午前0時01分からチェックを開始し、このチェックが終わるのはだいたい朝8時すぎなので、毎日8時間以上検索順位チェックをしていることになる。
毎月20日すぎには定番のアクセス解析と順位チェックを行うことにしているが、9月に入り変動が激しいことがわかった。とくに検索エンジンの順位変動が激しく、その影響を受けたWEBサイトはアクセス数が大きく変動している。このグラフは特徴的な2つを表したものである。

のブログ記事の詳細を読む

hakusanmidoriseminar200.jpgネット活用セミナーを鶴来商工会「青年部研修室」で開催する。今回の講師は2名なのが特徴で、遠田ともう一人は「おさしみ直送便」を運営する有限会社川端鮮魚の川端海富理(かわばたみどり)氏である。なんといっても今回の目玉は川端海富理氏のネット活用事例発表だろう。
「おさしみ直送便」は、七尾市にある川端鮮魚が運営するホームページの名称で、朝どれの鮮魚をお刺身にさばいて当日発送するというもの。生きのよさはもちろんだが、川端海富理氏の丁寧な電話接客やメール対応が好評で人気を博している。今年、ある全国紙新聞社が行った「お取り寄せランキング」で全国ベスト10に入ったことからますます人気で予約を取るのが難しくなっている。買い物かごのないホームページで一日限定10組までしか受け付けないというビジネスモデルが、どうしてこんなに人気になっているのかを知りたい方はぜひセミナー会場に足を運んで欲しい。

のブログ記事の詳細を読む

hakusansicopyseminar.jpg白山商工会議所にて販売促進セミナーの講師をさせていただくことになった。セミナータイトルは「売れるキャッチコピーの作り方」、チラシやPOPなどの販促物に使える実務的な研修である。キャッチコピーがなぜ必要なのかや、有無による効果の違いも実感してもらうつもりである。前半は座学で後半は実際にキャッチコピーを作成するワークを実施する。
セミナー受講対象は一般にも広げられているが、白山商工会議所の会員なら無料で、その他の方は受講料が3000円となっている。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加